拒食症で体重が増えない私が〇〇の動画を見るだけで食欲が沸いた!

24歳の女性です。

現在、日本を出て海外での生活を始め、約半年が経ちました。

こちらの食生活上、野菜を適度に摂取することが難しく、通常通り、

1日3食で食事を取ると炭水化物や油物が多いため、異常に体重が

増加します。

実際、私自身、3ヶ月も経たないうちに、軽く3キロは増加しました。

痩せていくことが快感に

ところが、約4ヶ月を過ぎた頃から、仕事の忙しさや、精神的な疲れに

よって、食事を取ることが少なくなり、徐々に徐々に体重が減少して

いきました。

ご飯を食べたいと思えなくなってしまった不安の反面、痩せてきている

自分に少しずつ魅力を感じ、普段は着ない体のラインが強調される服を

着始め、ファッションを楽しむようになりました。

周りからも、「痩せたね」と言われ、褒め言葉として捉え、さらに

食事の制限をするようになっていました。

そして、現在です。自分自身に拒食症のような症状が出ている

ことを感じ始めました。

食べることに罪悪感を感じ、食事をさらに控えるようになって

いたのです。

食欲を湧き起らせるYoutube動画

こんな私に気づいた同僚が、体重の増やし方(ご飯を食べたいという

気持ちにさせる方法)を伝授してくれました。

彼女がおもむろに見せてくれたのが、Youtubeの動画でした。

確か、韓国人が投稿していたものだったと思います。

テーブルの上に、ずらりと大量に並べられた韓国料理。

ざっと見て、軽く10人分くらいはあります。

異常に辛そうな赤色の鍋、トッポギが入った赤いスープ、海苔巻きの

ような長いお寿司。

これらの料理を、その韓国人が1人でたいらげるといった投稿でした。

短いもので数分の動画から、食べ終わるまでを記録した数時間の

ものもありました。

最初に動画を見た印象は、”やばいこの人”の一言です。

“どんな胃袋をしてるんや”と思いつつ、たいらげる様子をじっくり

見入ってしまいます。

気づいた頃には、食べることを拒み、辛いものが苦手ははずの自分

自身も、”食べたい”という気持ちに駆られ始めていました。

この動画を教えてくれた同僚自身も、拒食症のような傾向があり、

体重の増やし方を探し求めていたようです。

この動画を見つけて以来、毎日のように動画を閲覧し、自分自身を

駆り立て、動画を見終わったと同時に、彼女自身もたらふくご飯を

食べるようになったと話していました。

この大食いのYoutubeの動画で、なにが理由でこんなにも

ご飯を食べたいと思わされるのかは不明です。

ただ、一度、見てみる価値はあるかもしれません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする