ダイエットにハマって拒食症になった僕が体重を増やした方法

自分は20代の頃は野球をしていたせいか体つきもガッチリしていて

ご飯もよく食べていたのですが、30代に入り、仕事が忙しくなった

ので野球を辞めてしまいました。

それでもご飯は人より多めに食べていたので、体重はどんどん増えて

いっていました。

その頃は身長176cmで体重が90kgでした。

これではさすがに太りすぎだと思い、ダイエットを始めました。

自分に合ったダイエット方法があるか探したのですが、どれも長続き

せず途中で諦めていました。

会社の同僚である女友達に相談したら紹介してくれたダイエットが

「酵素ドリンクダイエット」でした。

1日1食断食をして酵素ドリンクだけを飲んで過ごすというダイエット

方法を試してみることにしました。

それが見事に大成功でした。

1日1食断食して酵素ドリンクを飲むだけで90kgあった体重が80kg近く

まで痩せました。

ダイエットにハマり拒食症へ

これは面白いと思い、もっとダイエット効果で体重を落としたいと

1日1食から1日2食、3食と増やしていってしまいました。

これが拒食症の始まりだったような気がします。

酵素ドリンクダイエットしている間どんどん体重が落ちていきました。

ついに62kgまで落ちました。70kgあたりからだんだん食事ができなく

なってきていることに気づいていました。

ご飯が喉に通らなくなってしまい、水分しか喉を通りません。

酵素ドリンクを飲んでいるので必要な栄養素は摂れているのでしょうが、

さすがに心配になってきたので、同僚の女友達に相談すると「それって

拒食症じゃない?病院で診察してもらった方がいい」と言われました。

自分にはそんな自覚はなかったのですが、確かにあばら骨は見えて

きているし、足も腕も細くなってきているので、これは良くないのかも

しれないと思い、病院に行くことにしました。

病院の先生が言ったことは「拒食症です。これ以上ダイエットを続けて

いたら命を落としてしまう可能性があるので辞めてください。」

と言われました。

その時は背筋がゾッとしてしまいました。

少しずつ拒食症を克服

それからご飯を食べれるようにリハビリすることになりました。

最初のうちは低カロリーな食事をして胃腸をビックリさせないように

2ヶ月から3ヶ月かけて徐々に慣らしていきます。

体重も増やしていかないといけないので体重の増やし方は点滴でした。

慣れてきたら普通の病院で出てくる食事を食べるのですが、なかなか

簡単には食べれません。

食べれるものだけ食べていき、後の栄養素は点滴で摂るというのが

長い月日を要しました。

ご飯もある程度食べれるようになり、ご飯で体重が増えるようになって

からは自分で好きなものを食べれるようになりました。

最初に食べたのはカップラーメンでした。

その時は最高に幸せでした。しかし、体重は増えたといってもまだまだ

70kgにいっていませんでした。

体重の増やし方を自分が昔、野球をやっている時に体重を増やすために

タンパク質を摂っていたこと思い出しました。

それからタンパク質を中心にご飯をバランスよく食べるように

なりました。

今では体重が75kgまで戻ってきたのでひと安心しています。

野球をしている時にこの体重の増やし方を知っていてよかったです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする